時事

インターハイ2020中止で推薦はどうなる?文科大臣杯も!

インターハイ2020中止の代わりの文科大臣杯って何?

 

記録会って、何するの?

 

突如提案された文科大臣杯案に、世の中が混乱しています。

 

 

2020年はインターハイ中止で推薦はどうなるか?

 

文科大臣杯は朗報?それとも愚策か?

 

 

続くコロナの影響「史上初インターハイ中止!代替え案が文科大臣杯?」

 

 

スポーツ推薦への影響は?「文科大臣杯って何?インターハイ中止で推薦はどうなる?」

 

 

サッカーとかどうするの?「文科大臣杯は実質不可能?」

 

 

かなり不評!「文科大臣杯ってどうよ?みんなの意見」

史上初インターハイ中止!代替え案が文科大臣杯?

コロナの影響で、ついに高校三年間の集大成:インターハイも中止に。

 

インターハイは1963年に第1回大会が新潟県で開催されてから、

 

今まで1度も中止になっておらず、今回は史上初。

 

 

更に2020年は東京オリンピック開催年だったので

 

今年のインターハイは、東北から九州までの21府県で開催される予定でした。

 

 

インターハイ2020中止の、主な理由は2つ。

 

  • 競技中だけでなく、移動・宿泊中もコロナ感染リスクがある
  • 休校中の学校が多く、練習時間の確保が難しい

 

各プロスポーツも中止・延期ばかりでしたから

 

インターハイ中止も想像はできました。

 

 

しかし、インターハイ中止となると気になるのが推薦入試への影響。

 

 

今までは、スポーツ推薦や実業団への入団に、インターハイの実績をアピールできました。

 

 

インターハイ中止では、進路に影響してくる高校生が大勢いる…。

 

 

それで提案されたのが今回の「文科大臣杯」です。

インターハイ中止で推薦はどうなる?
文科大臣杯って何?

インターハイ中止で推薦がどうなるか揺れる中、

 

提案されたのが「文科大臣杯」。

 

文科大臣杯について詳しくは発表されていませんが

 

  • 主に大学の推薦入試の為にやる
  • 各都道府県で記録会を行う
  • 新型コロナの終息が前提

 

となっています。

 

 

つまり、スポーツ推薦の為のアピールポイントにしてね、という代替え案。

 

 

インターハイ中止で、戸惑っている人達への救済措置ですが、

 

ふと疑問が出てきます。

 

 

体操や水泳、陸上など記録を競う競技はできそうだけれど

 

 

サッカーやバスケットボール、卓球など、お互いの勝敗を競う競技はどうするの??と。

 

文科大臣杯は実質不可能?

インターハイの各競技種目で、

 

文科大臣杯という記録会が実質可能かどうか、考えてみました。

 

 

【可能そうな競技】

 

  • 体操
  • カヌー
  • 水泳
  • アーチェリー
  • ボート
  • 弓道
  • 登山
  • 陸上
  • 自転車
  • ウエイトリフティング
  • ヨット

 

 

【難しそうな競技】

  • バスケットボール
  • 柔道
  • サッカー
  • 卓球
  • フェンシング
  • ハンドボール
  • バトミントン
  • 剣道
  • レスリング
  • バレーボール
  • ソフトテニス
  • ソフトボール
  • テニス
  • ボクシング
  • ホッケー
  • 相撲

 

※他にも少林寺拳法やなぎなた、空手道などが競技種目にあります。

 

記録会ができそうな競技が意外にも多い印象でしたが

 

同様に、難しそう・実質不可能な競技も多いですね。

 

 

無理やり記録会という形をとるとなると…

 

バスケットボールやサッカーは、時間内のシュート数…?とかになるのでしょうか。

 

 

卓球や柔道などは、何をすれば記録になるのか全くわかりません。

 

 

そもそもこういった競技は

 

お互いの相性や、臨機応変で柔軟な対応力も影響して勝敗がつくわけなので

 

 

「記録会」で解決できるようなものではないと、個人的には思っています。

 

 

文科大臣杯で優勝できたとしても、

 

大したアピールや自信にはならないのではと思うと、

 

やる意味あるの?という気がしてきますね。

スポンサードサーチ

文科大臣杯ってどうよ?みんなの意見

文科大臣杯に対して、みんなはどう思っているのでしょうか?

 

ツイッターの意見を見てみましょう。

 

【賛成派】

 

まずは少数ですが、賛成派の意見です。

 

今回の文科大臣杯は

 

「インターハイ中止で、何も開催されないのは悲しい」

 

という想いに応えようとしてくれた案のように思えます。

 

ただでさえ、コロナ禍で若い選手のモチベーションはだだ下がりのはず。

 

文科大臣杯が、モチベーション維持に繋がれば良いのですが。

 

 

【反対派】

 

圧倒的に多かったのは、批判的なコメント。

 

  • インターハイ中止の意味がない(コロナ感染リスクの点で)
  • 記録が難しい競技はどうする?

 

という内容が多かったですね。

 

各都道府県で記録会をやるとなると、どうしても人が集まる環境になってしまいます。

 

 

もともと何故インターハイが中止になったのか、その理由を思い出してほしいです。

 

コロナで各イベントが中止になる中、文科大臣杯だけはできるのでしょうか?

 

 

難しそうですよね。

 

 

結局、コロナが終息しなかったら、文科大臣杯も中止になって、

 

世の中を騒がせただけになります。

 

今は、選手たちも十分な練習量ができていない状況。

 

 

形だけ「文科大臣杯」を作っても、中身のないものになるかもしれません。

 

団体競技や、相手がいてこその競技だと、「記録会」は困難。

 

「体力」「分析力」「粘り強さ」などは、「記録会」だけでは測れません。

 

各都道府県・市町村もコロナへの対応で手いっぱい。

 

文科大臣杯の実施は、更に負担をかけることになりそうです。

 

 

インターハイ2020中止で推薦どうなる?まとめ

インターハイ中止で推薦への影響が懸念される中

 

出てきた「文科大臣杯」。

 

ただし、

 

  • 記録会をすれば、コロナ感染リスクが生まれるのでは?
  • 記録できない競技種目はどうなる?

 

といった問題を抱えていました。

 

 

そもそも文科大臣杯は、コロナの終息が条件。

 

コロナが終息したなら、時期遅れでもインターハイをやって欲しいと思いませんか…?