強力粉がない時は薄力粉で代用可能!天ぷら粉は?違いやおススメレシピも

外出自粛で密かにブームになっているのが

 

お家での手作りパン!

 

パンレシピには必ず「強力粉」って書いてありますが…

 

最近スーパーに強力粉が売ってない!?

 

強力粉の代用品ってあったっけ!?とお悩みの方に朗報!

 

 

「家に薄力粉なら余ってるんだけれど…。」

 

「薄力粉足してもいい?」

 

「そもそも強力粉と薄力粉って何が違う?」

 

という疑問にお答えします♪

 

 

仕上がりに違いが!「強力粉と薄力粉の違い」

 

強力粉品薄で困った!「強力粉は薄力粉で代用できる?」

 

実は優秀!「天ぷら粉は代用品になる?」

強力粉と薄力粉の違い

強力粉と薄力粉の大きな違いは「グルテン」の含有量です。

 

グルテンとは、たんぱく質の一種で

 

「粘着性」と「弾性」を増す性質があります。

 

 

簡単に言うと、もっちもち感を生む成分ですね。

 

 

焼きたてパンを割った時のもちもち~っと割けていく感じは、グルテンの効果なんです。

 

 

このグルテンが

  • 多く含まれるのが「強力粉」
  • 少ないのが「薄力粉」

ということになります。

 

なのでパンをはじめ、餃子の皮やピザの生地など

 

歯ごたえやコシを出したい時に使われるのが強力粉

 

 

逆に、クッキーや天ぷらなど、サクサク感を出したい時は薄力粉が使われます。

強力粉は薄力粉で代用できる?

グルテンの量が違うなら、代用はできないのか…?

 

というと、そうでもありません。

 

作るものによっては代用可能!

 

 

例えば、パウンドケーキの場合

 

薄力粉だとサクサクの軽い食感に、

 

強力粉だとしっかりした重めの生地に仕上がります。

 

 

このように、仕上がりがサクサクでもモチモチでも、どっちでもOK!

 

というタイプのものなら、代用できます。

 

 

逆に…絶対サクサク重視のクッキーを強力粉で作ると、ガッチガチの仕上がりになるので要注意!!

 

 

クッキーを強力粉で作ることは、あまりおススメしません。

 

 

そして本来強力粉で作るパンを薄力粉で作ると、かなり軽めのふんわりパンになります。

 

 

それでもいいよーという方なら、代用可能!!

 

お好みで使い分けましょう♪

混ぜても大丈夫?

強力粉が少しだけ足りない…!という場合、薄力粉を混ぜでも大丈夫です。

 

 

基本的に同じ小麦粉ですからね。

 

ただ、薄力粉の割合が増えれば増えるほど、

 

仕上がりがどんどんサクサクに近づいていくので要注意。

 

 

また、グルテンの特徴として

 

水分を加えてから沢山混ぜるほど、モチモチ感がアップします。

 

 

薄力粉でもグルテンは含まれていますので

 

やむを得ず薄力粉が多めになってしまった場合は

 

念入りに練ってグルテン効果を発揮させるのもアリです。

スポンサードサーチ

天ぷら粉は代用品になる?

天ぷら粉なら、家に余ってる!という方もいると思います。

 

結論、天ぷら粉は薄力粉の代用品としてなら使えます!

 

 

天ぷら粉のグルテン含有量は、実は薄力粉以下。

 

 

初心者でも天ぷらの衣がサックサクにできるよう、

 

グルテンを含むたんぱく質を少なく調節してあるんです。

 

 

なので、天ぷら粉は薄力粉の代用品として十分使えます。

 

 

強力粉の代用としては、パリパリのピザ生地くらいなら代用できるかもしれません。

 

 

モチモチのピザ生地派なら、やはり強力粉ですね。

 

因みに、天ぷら粉を使ったお菓子作りで

 

個人的におススメなのが昭和産業のレシピ。

 

お菓子や天ぷらだけでなく、メイン料理まで豊富なレシピが揃っているので、是非試してみてください♪

 

 

私はパウンドケーキを作ったら、めちゃくちゃ膨らんで大成功しました!

強力粉を薄力粉で代用可能!まとめ

  • 薄力粉を使うと「サクサク」
  • 強力粉を使うと「モチモチ」

 

両者の違いはグルテンの量で

 

食感が変わっても大丈夫なものなら代用可能でした!