フラメンコ基本|セビジャーナスの基礎や上手く踊るコツを伝授!

「フラメンコのセビジャーナスがなかなか上手く踊れない」

 

「コツがあるなら知りたい!」

 

「動画を見て練習がしたい」

 

という初心者の方向けに、今回は

 

まずは基本を押さえよう!「セビジャーナスとは」

挫折する前に要チェック!「上手く踊るコツ」

これを見れば悩み解決!「わかりやすい動画紹介」

 

を詳しく解説していきます。

セビジャーナスとは

セビジャーナスとは、スペインの三大祭である春祭りで踊られる、とても明るい曲です。

 

歴史的には本来のフラメンコ曲種ではありませんが

日本人でフラメンコを踊る人はほぼ全員、セビジャーナスから始めます。

 

リズム 3拍子。
雰囲気 とても明るい。難しい顔をして踊るよりかは、笑顔で楽しく踊ることが多い。
難易度 初心者向け。構成が決まっているので、わかりやすい。
小道具の有無 なしで踊れる。パリージョを使う場合もある。

アバニコを使ったりアレンジもできる。

セビジャーナスをマスターすると、フラメンコの基本的な腕や足の動きを身に付けることができます!

 

構成が決まっているので、セビジャーナスが踊れる同士なら、初対面でも一緒に踊れるのがセビジャーナスのすごいところ♪

上手く踊るコツ

  1. 同時に練習しない
  2. 空間を意識する。
  3. 笑顔で踊ること

①同時に練習しない

フラメンコ初心者でよく見かけるのが、腕の動きと足の動きがごっちゃになっている方。

 

腕は内側向いたり、外側向いたりしますし、足のステップも慣れないのでしょう。

 

すごく必死な形相で練習している方がいますが、ちょっと待って!

 

変な形が癖になる前に、腕は腕、足は足、指は指で分けて練習しましょう。

 

できれば頭で「内側…外側…」と考えず、無意識にできる程度まで練習するのが望ましいです。

 

腕は腕、足は足で正しい形をマスターしたほうが、その後の上達スピードも上がります!

②空間を意識する

私が初心者の時によく言われたのが

「自分の身体と腕の間に空気を抱え込んで」

というアドバイスでした。

 

これを常に意識することで、腕が下がらずにしっかり張ることができます。

 

前にある腕が身体に近すぎると、踊り自体も小さく貧弱に見えてしまうんです。

 

つまり、上手に見えないんですよね。

 

振り付けはしっかり覚えたのに、自分の踊りが先生と全然違うように見える…と悩む方は試しに意識してみてください♪

③笑顔で踊る

最後はこれに限ります!

練習の時にヘラヘラするってことじゃありませんよ?

 

セビジャーナスはとても明るい曲なので、

眉間に皺よせて踊るより、笑顔で楽しそうに踊っている方が、なんだか上手に見えてくるんです。

 

私もよく必死で踊っていると「顔、顔!笑顔忘れないでー!」とよく言われました。

 

笑顔になるだけで、踊りの完成度が上がるならやってみるべし!です!!

 

お客さん側としても、笑顔で踊っているのを見ると、例え間違っていても気が付かないものなんです笑

逆に失敗した時に「しまった…!!」って顔するのが、一番バレますね!

スポンサードサーチ

わかりやすい動画紹介

まずは、セビジャーナスへのハードルを、グンと下げてくれるわかりやすい動画です。

5分経過したあたりから、セビジャーナスの超基本的な動きを、わかりやすい言葉で説明してくれています。

これで雰囲気だけでも、セビジャーナスは踊れるようになります♪

 

次はステップなどを詳しくゆっくり説明してくれる動画です。

家で復習する時に、この動画があると助かりますね!

とても優しい口調で、ゆっくり教えてくれます。

 

最後は、もっと上手く踊りたい方向けの動画です。

重心のかけ方や、横顔の見せ場など、丁寧に教えてくれます♪

まとめ

いかがでしたか?

セビジャーナスが上手く踊れると、他の曲の上達も早くなり、

何より自分の踊りに自信がつきます♪

 

もしセビジャーナスで悩んでいたら、コツを試したり動画を見たりして練習してみてください!